セルフケアでほうれい線を消す方法

3つの原因別!ほうれい線を消す方法

人によってほうれい線の対処法は変わる
ほうれい線ができるのは、肌表面の乾燥、むくみ、たるみの
3つの原因があり、3つの原因別にほうれい線を消す方法があります。


肌表面の乾燥とむくみが主な原因の場合は、浅いほうれい線になります。


これらを放置すると肌の老化を加速させ、深いほうれい線に
なってしまうため、浅いうちに解消することが良い方法です。


肌表面の乾燥の場合は年齢に関係なくできるもので、日頃の保湿ケアで消すことができます。

保湿ケア


むくみの場合は、スムーズに流れるはずの老廃物が、冷えや塩分の摂り過ぎなどで
顔に溜まることで起きます。


むくみの解消は、老廃物の排出を促す口の周りのエクササイズを行ないます。
1日3セット、口を閉じて、舌を左回りにゆっくり20回まわし、右周りも同様に行ないます。


たるみは深いホウレイ線を作ることになり、コラーゲンの生成を促すケアと
筋力アップのケアが効果が期待できます。

期待できる


肌にハリや弾力を与えるにはコラーゲンの生成が必須です。
コラーゲンの生成を促進させるためには、レチノールやビタミンC誘導体が
配合された化粧品を使用します。


衰えた筋力を強化するには口周りのエクササイズです。
500mlのペットボトルに100ml程度の水を入れ、口に加えて10秒キープします。


3回繰り返して1セットで、朝晩1セットずつ行ないます。
ホウレイ線が深くなると改善が難しくなります。


浅いうちに保湿やエクササイズで改善することが良い選択となります。